スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
九州2日目
2009 / 06 / 06 ( Sat )
5月6日(木)

RIMG0064.jpg

2日目は博多から『ゆふいんの森号』に乗って由布院へGO!
この列車はクラシカルな雰囲気で、デッキも広く、ちょっといい感じ。
発車してしばらくすると、女性の乗務員さんが乗客に声を掛けながら由布院マップを配りにきました。

乗:「今日はどちらからですか?」
私たち:「横浜からです。」

乗:「わぁ~そうなんですか!・・・もしかして新婚旅行ですか??」
私たち:「えっ!!なんでわかったんですか??(全然新婚っぽい雰囲気じゃないのに・・)」
乗:「指輪が光ってましたから・・

なんて会話を交わし、乗務員さんの気さくな感じに好印象。

それからコーヒーを買いにビュッフェへ行くと、カウンターにいた乗務員さんが、

「今日はわざわざ横浜から新婚旅行ということで、おめでとうございます!私たちからお祝いに、お好きなドリンクをサービスさせていただきます♪」
きゃー!なんていい列車なの!


こんなサービス今まで受けたことないので、ふたりともドキドキしてしまったけど、お言葉に甘えて
コーヒーをいただきました。
RIMG0028.jpg
由布院で作ったりんごのマドレーヌと一緒に美味しくいただきました。

またしばらくすると、今度はダンディな車掌さんがいらして、

「このたびは、新婚旅行で横浜からお越しとのことで・・・私が1番前の席を持っておりますので、よろしければいかがですか?」

きゃーきゃー!なんて素敵な列車なの!!

またお言葉に甘えて先頭の席へ。
RIMG0029.jpg
なかなかいい眺め~♪
先頭を満喫して、もとの席に戻る私たち。
いたれりつくせりのおもてなしでかなり興奮気味。
そろそろ由布院に着くと乗務員さんが先頭でマイクアナウンス。
するとまたまた!!

「本日、横浜から新婚旅行でお越しのお客様が後方に座っていらっしゃいます。みなさんどうぞ拍手をお願いします。そして今日の記念に、乗務員一同よりささやかですがプレゼントをさせていただきたいと思います!」

きゃーきゃーきゃー!なんて素敵な列車なの!!!

でもここまでくると、ちょっと恥ずかしい・・・なんて思ったけど・・・

RIMG0061.jpg
いただいたのは、手書きのメッセージのついた、ゆふいんの森号オリジナルキャンディ。
とっても嬉しく、いい思い出になりました。
またいつか乗りたいな。

数々のサプライズを受けて、ようやく由布院到着。

RIMG0070.jpg
由布岳

由布院はかわいらしい雑貨屋さんやカフェ、美術館が点在しているということで、ぶらぶら散策。
まずは由布院美術館を目指して歩いて行くと、早速かわいらしい雑貨屋さん発見。

RIMG0065.jpg
ここではかごバックに便利な内袋を買いました。

川沿いを進んで由布院美術館発見!
・・・が・・・定休日?!
そんなぁ・・・火曜定休ってことりっぷに書いてあったのにぃぃぃ(涙)
はぁ・・・今日のメイン終了。

かなりテンションダウンのまま散策を続け、金鱗湖到着。
湖底から温泉と冷泉が湧いているそうで、朝は気温差で湖面から湯気はのぼっているとか。
(テンションダウンのせいか、まともな写真がなく・・・)

湖畔のカフェでランチタイム。
RIMG0091.jpg

RIMG0082.jpg
私が注文したチーズトースト

RIMG0083.jpg
オット君注文のドライカレー

湖畔を眺めながらしばしのんびり過ごし、今日の宿へ。

ちょっと古びた旅館(といっても趣があrわけではなく・・・)。
まぁこんなもんかと、とりあえず部屋で一休みしてから館内の温泉へ。
半露天になっていて、ほかに人もいなくて貸切状態。
夕暮れに山々を眺めながらののんびり入浴。

夕食はお部屋食。

RIMG0097.jpg

これは前菜で、このあともどんどん出される。
味はともかくボリューム満点。
なによりお部屋でゆっくり食べられるのが良かった。

食後のデザート
RIMG0104.jpg
なぜかパセリ・・・

翌朝は宴会場での朝食
RIMG0105.jpg
こちらもかなりボリューミィ!
ご飯がすすむおかずがいっぱいで、ついつい食べ過ぎちゃいました。


そして翌朝の由布院駅前にいた辻馬車
RIMG0113.jpg
前日に乗りたかったけど、時間が合わなかったんだよね。
つぶらな瞳がかわいいお馬さんでした。


ところで、由布院と湯布院の違いって知ってますか?
1955年に旧由布院と旧湯平村の合併で湯布院町となり、2005年には由布市が誕生。
湯平を含む広域エリアを湯布院と書き、盆地内を由布院と書くそうです。




13 : 24 : 19 | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<九州3日目 | ホーム | 九州1日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bittersweet306.blog19.fc2.com/tb.php/80-15197923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。