スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
九州4日目
2009 / 06 / 06 ( Sat )
5月9日(土)

4日目は熊本から特急リレーつばめ・新幹線つばめに乗って鹿児島へ。
鹿児島は私たちが出会うきっかけとなった友人夫婦が住んでいて、その友人に会うのがこの旅の目的のひとつでした。
鹿児島駅に迎えに来てくれて、1年ぶりの再会☆
車でいろいろ案内してくれました。

鹿児島は、同じ九州でも福岡や熊本とはまったく違う感じで、南国だなぁ~と思いました。
こういうところで暮したら少しは穏やかになるかしら?なんて思ったり。

RIMG0211.jpg
ちょっと霞んでいるけど、雄大な桜島がしっかりと見えます。

そんな眺めのいい場所にあるお店
RIMG0177.jpg
名物の両棒餅(と書いてぢゃんぼ餅と読みます)のお店です。

RIMG0178.jpg
おばあちゃんの家に来たみたいな感覚になる店内。

RIMG0175.jpg
味はみたらし団子です。
その場で焼いてくれるので、できたてほかほかもちもち☆

それから一旦友人と別れ、仙巌園、尚古集成館、ガラス工芸館などを見てまわりました。

RIMG0181.jpg

RIMG0187.jpg
ガラス工芸館では、薩摩切子の制作過程を見ることができました。

仙巌園では、島津家のお屋敷内をガイドさんが案内してくれました。
RIMG0196.jpg
唯一撮影OKだった中庭。

入場券にサービスでついていた喫茶券でお抹茶とお菓子をいただく。
RIMG0200.jpg
RIMG0199.jpg
お菓子にも島津家の紋が入ってた。

篤姫のロケで使われた場所があちこちにあり、真似して撮影してみたり、予想外に?楽しんじゃいました。

園内高台にあるレストランで昼食。
RIMG0207.jpg
私は前から食べてみたかった鶏飯(けいはん)定食。
ご飯の上に右側にある具をのせてだし汁をかけていただきます。
RIMG0208.jpg

オット君は黒豚とんかつ定食
RIMG0209.jpg

友人に迎えにきてもらい、鹿児島の繁華街である天文館へ。
鹿児島に来たらこれを食べなきゃ!

RIMG0214.jpg
白熊~♪

『天文館むじゃき』は中華料理のお店なんだけど、白熊の本家と言われているお店。
ほどほどの広さの店内はほぼ満席だったけど、中華料理を食べている人は1人もおらず、
みな白熊を食べていました。
注文の際、友人から1人1人前は食べられないと思うからハーフサイズにするか、2人で1つにしたほうがいいと言われたので、ソフトクリーム白熊を1つ注文。
氷がふわっふわさらっさらで感激!!
練乳も中までたっぷりかかってて、途中で味がなくなっちゃうなんてことがなく、最後まで美味しく食べられました。暑さもすぅっと体からひいて行きました。
さすがにこれ1人では無理だね、なんて言ってたら、地元の人(特にご老人とか)平気で1人で1つぺろりと食べるんだとか!
すっごいなぁ~。
でもこの南国の気候では、こういうものを食べて暑さをしのぐんだろうな。
全国発送もしているようなので、そちらも食べ比べてみたいな。

夕飯は友人が予約してくれた郷土料理のお店
RIMG0222.jpg

RIMG0223.jpg
大好きなきびなご♪光りもの大好き♪
鹿児島特有の甘めのお醤油でいただきました。
黒豚角煮や薩摩芋団子など郷土料理を満喫。

そしてさらにハシゴして、鹿児島ラーメンのお店へ。
RIMG0226.jpg
鹿児島ラーメンと言っても、ここのはちょっと変わっていて・・・

RIMG0227.jpg
まず麺が小麦粉でできていて、見た目はそうめんみたいだけど、もっとクセがあって初めて食べる味と食感。
スープは塩ベースだけど、豚肉のだしやなにかがいろいろ混ざっている感じ。
そして、具にキャベツの千切りがのってるのも初めて。
友人曰く、好き嫌いがはっきり分かれる、とのこと。
私たちはすっかり気に入りました!
鹿児島の忘れられない味になりました。




17 : 43 : 59 | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<九州最終日 | ホーム | 九州3日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bittersweet306.blog19.fc2.com/tb.php/82-68f954e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。